写真

記念すべき日に|成人式の写真を残すポイント

赤ちゃんとの記念に

家族

赤ちゃんが生まれ、1カ月を超えると行う大きなイベントとしてあるのが、お宮参りである。お宮参りは、赤ちゃんの健やかな健康を願うために行うものであり、地元の神社などにお参りに行くイベントである。このお宮参りでは、記念として写真撮影するケースが多い。写真を撮る場所も、神社に出張してもらい撮る場合や、写真館などで撮影する場合など様々である。お宮参りの写真を撮る場合には、赤ちゃんの状態に注意しながら撮影することが重要である。出産後、赤ちゃんは1カ月程度は外出させず自宅で過ごすことが多い。その為、お宮参りが初めての外出となる場合もある。これらの状況である為、赤ちゃんの負担にならない範囲での写真撮影が必要である。

お宮参りでの赤ちゃんの写真撮影では、命名書と一緒に撮影したり、打掛を掛けて撮影するなど、他の撮影と異なる特徴がある。写真館で撮影する場合には、これらの衣装などが準備されている場合もあるため、それらの衣装の中から衣装を選ぶところから始めることが多い。また、撮影時の小物なども用意しておいてもらえるものもあり、特に準備を行わず予め予約しておいた写真館に行くだけで撮影可能である。神社など現地で撮影する場合には、出張カメラマンの手配が必要になる。現地での撮影では、その場の雰囲気を残すことができるため、写真館とはことなる思い出を残すことができる。神社の他、食事会場での写真などその日の日程に合わせて撮ってもらうこともできる。